東京の定点観測プロジェクト  公開ワークショップのお知らせ

「東京の定点観測研究会」は、東京の都市空間の移り変わりを、100箇所、30年間にわたり定点観測した画像アーカイブを撮影しようと2004年に設立されました。これまで、定点観測にかかる技術的な手法、運営の仕組み、法的な問題、など、少しずつ問題をクリアしながらプロジェクトを進め、試験的に撮影してきた映像も蓄積されつつあります。立ち上がりから1年を経て、これまでの成果を振り返りつつ、プロジェクトの今後を展望しようと、広く外部の方にご参加頂く公開ワークショップを企画しました。

ワークショップでは先行する取り組みや関連分野から話題提供者を迎え、異分野からのコメンテーターを交えて、定点観測プロジェクトの今後の可能性について大いに議論したいと考えています。どうぞ奮っての参加をお待ちしています。

※東京の定点観測研究会は、名前を「都市空間の定点観測研究会」に変え、東京に限らずプロジェクトに協力して下さるメンバーを広く募っています。当日会場においても参加者を募る予定です。

話題提供者

コメンテーター・討論者

司会

饗庭  伸(東京の定点観測研究会・東京都立大学)

開催概要

開催日 2005年3月5日(土)
時間 14:30 - 17:00
会場 早稲田大学理工学部  55号館N棟1F  第1会議室(50名程度)
(新宿区大久保3-4-1  JR高田馬場駅、新大久保駅より徒歩各15分)
参加費 無料(前日までに参加申し込みをお願い致します)
主催 東京の定点観測研究会
事前申込・
問い合わせ先
東京都立大学  饗庭(あいば)
E-mail:aib@comp.metro-u.ac.jp

※東京の定点観測プロジェクトは(財)電気通信普及財団の研究助成を受けています